MENU

自己破産すると料金はいくらかかるか

自己破産を弁護士に依頼されると弁護士費用がかかります。岡山県にもある弁護士事務所によって差があるので一概には言えないのですが20万円から40万円の弁護士費用がかかることが多いです。弁護士費用が高すぎると感じる方はご自身で知識を学んでご自身で手続きすると言う方法もありますが借金問題で悩まれているときは中々難しいものがあります。あまり安すぎる弁護士事務所ではサービスの質が悪い可能性があるので注意が必要です。分割払いに応じてくれる弁護士事務所もありますし、法テラスで立て替えて貰うことも可能なので弁護士費用を気にし過ぎるよりご自身の借金問題解決を最優先した方が良いです。自己破産の費用にはその他にも裁判所にお支払する予納金があります。マイホームや現金や預貯金など一定以上の財産を持っている場合は管財事件扱いとなり予納金が最低50万円は必要です。弁護士なら少額管財事件を取り扱えるので予納金は最低20万円とかなり安くなります。予納金を納めることが出来ないと自己破産の手続きが中止されることがあります。かなり高額なので一括支払いするのが難しいですが裁判所によっては分割払いできる場合があります。一定以上の財産を持っていない場合は同時廃止扱いとなり予納金は10290円とそれ程高額では無いです。予納金は裁判所によって異なりますので事前に確認しておいて下さい。その他にも収入印紙代や予納郵券代がかかりますが、両方併せても4500円から16500円ほどです。相談料無料の弁護士事務所が多いので相談料についてはあまり気にせずに済みます。借金に困ったときにはお早目に、岡山県にもある弁護士事務所で無料相談を受けてみて下さい。

借金返済できない